『西新宿、高層ビルと光跡』を比較明合成写真

数年前からポイントとして狙っていた西新宿の歩道橋の上からの高層ビルを入れた光跡写真です。陽が落ちるとかなり寒さを感じる季節です。それなりに厚着をしてきたつもりですが、やはり長時間歩道橋の上でじっとしていると心身と体の中から冷えてきます。ホカロンも必要です。

α99Ⅱにシグマの12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL 、ワイド端で撮影。意外と明るかったので光跡を長くするためISO64、絞り14でやっと露出時間が25秒。ホワイトバランスはオート。2枚目の写真のホワイトバランスはタングステン。ホワイトバランスを変えることで手軽に違ったイメージの写真にできる。

右下には工事のためのコーンがあるので、また工事が終了した頃撮りに来ようと思う。

 

 

そしてこちらは高層ビルとは反対方向の新宿大ガード方向です。ヤマダ電機『LABI新宿東口館』はもう、既にありません。

 

 

どちらの写真も比較明合成をして光跡をましまししてあります。

この後、しょんべん横丁(思い出横丁)の『岐阜屋』で蒸鶏と餃子とビール。ここの餃子はニンニクがきいていて好きです。でも時々味が変わります。

コメントを残す