イルミネーションポートレート

間もなくイルミネーション撮影の季節です。そこでイルミネーション&ポートレート撮影のポイントです。

通常のポートレート撮影と同様に明るい短焦点レンズで絞り開放。明るい昼間のポートレート撮影と違うのは感度を上げてシャッタースピードを稼ぐことです。シャッタースピードは手持ちでぎりぎりぶれないスピードにして下さい。

しかし絞り開放での場合は、イルミネーションは小さなLEDの集まりなのでボケた光源が重なりあってただの光の壁になってしまいイルミネーションの雰囲気が出ない場合もありますので、少しずつ絞っていき気に入ったイルミネーションの玉の大きさになる絞りをきめます。

イルミネーションとモデルさんの位置関係ですが、イルミネーションとモデルさんとの位置が並んでしまうとコードなどが移ってしまいます。また絞りすぎた場合も同様です。

次の写真はイルミネーションを巻いた木に寄りかかるようにして撮影した一枚であるが、寄りかかった木のイルミネーションのコードやらLEDやらがしっかり写ってしまっている。モデルさんとイルミネーションが並んでしまうような構図はNG。

モデルさんの前と後ろにイルミネーションを配置してみました。モデルさんとイルミネーションを並べてしまうよりいいですね。

絞り開放だと明るく輝く壁なってしまいただの光のイルミネーションなのかどうなのかわからなくなってしまう。これなどは、もう少し絞って後ろのイルミネーションの感じを出しても良かったかもしれない。しかし奥行きのある場所で撮影しているので比較的小さい玉ボケもあるのでこれはこれでいいか。

顔斜め前方よりフラッシュを当てています。

イルミネーションの玉の大きさはこのくらいのほうがいいかもしれない。これはフラッシュを使用していません。弱くフラッシュの光を当てたほうが良かったのですが、このときはフラッシュを持っていませんでした。

これは、ビルの前に置かれたツリーをバックにしているのでその場所は比較的明るかったのでフラッシュ無しで撮影。

斜め上から小型のLEDライトを使用。

横からLEDライトを使用。フォトショップで顔の部分のみトーンカーブで少し明るくしています。

 

フラッシュを使うと被写体だけが浮き上がってしまって背景が沈んでしまうのはやりがちなミスです。なので、フラッシュを使わずに手ブレ、被写体ブレを起こさないシャッタースピードで撮影する。そのためにはISO感度を上げて撮影するのであるが、なかなかモデルさんの顔がきれいに写らないことも多い。またモデルさんの顔を明るくすると背景のイルミネーションが明るくなりすぎてしまう事も多い。こんな写真を撮らないためにも練習してみて下さい。

(悪い例のフラッシュを使ったイルミネーション撮影写真)

外付けフラッシュ、これがあると夜のポートレート撮影がさらに楽しくなる。最近は小型で明るいLEDライトもあるのでそれを使うのもいいかもしれない。是非用意したい。

 

 

 

先ずは実際に撮影する事。やはり数回経験しない事には気に入ったイルミネーションポートレートは難しいかと思います。

また、冬の夜ということもあり寒さ対策とモデルさんの体調にも注意が必要です。ホッカイロは必需品ですし、できれば暖かい店内でのコーヒータイムも取るようにしたいものです。

カメラは寒さに耐えられても人間はそうはいきません。

不定期ですがモデルさんを使った撮影会を行っております。よろしかったらご参加下さい。

コメントを残す