北鎌倉・紫陽花とひな

 6月は紫陽花である。ネットで知り合ったひなさんと北鎌倉で紫陽花ともコラボで撮影を楽しもうとやってきました、北鎌倉駅。電車は意外と混んでいる。それがなんと北鎌倉駅で多くのジジババが降りる。駅ホームには警備員もいる。平日なのに…。
 改札外の踏み切りそばでひなさんと落ち合いまずは駅前の円覚寺。広い、とても広い。そのおかげで人が多いにもかかわらず意外と写真は撮りやすかった。
 そして次に目指すは紫陽花寺として有名な明月院。

 たどり着くまでも人が多かったがたどり着いてからも人、人である。でもまぁ、何とか撮影はできた。
 
 そして明月院を後にして長谷寺へ。途中鎌倉駅のトイレでひなさん衣装チェンジ。水色のセーラーである。
 江ノ島電鉄線で長谷下車。ここも狭いホームに人があふれんばかりに人が降り立つ。みんな目的地は一緒なのだろう。ゆっくりとホームを出て長谷寺へ向かう。そして長谷寺に着くとなんと40分待ち。速攻あきらめて由比ガ浜海岸での撮影をすることにし、海岸へ向かうが途中収玄寺という小さなお寺を見つけちょっと撮影タイム。

 駅の反対側の海岸でひなさんは再度衣装チェンジ。今度は定番の紺のセーラー服。残念ながら曇っていたため夕陽を使った撮影はできなかったが、足首まで海に使っての撮影。長谷寺を予定から省いたためここでの撮影時間は十分にある。紺のセーラー服のひなさんは波打ち際で憂いを持った少女からセクシーな女まで演じる。

辺りが暗くなってきたら2灯を使っての撮影だ。バンバン撮影しているとフラッシュのチャージ時間が気になる。バッテリーを高性能なものにすべきかと悩んでしまう。
 波に光を当てようと波のかかるところまで三脚を移動して撮影を開始するがまもなく波で倒れてしまいそこで撮影は終了。
 すでに海岸は真っ暗である。

 この写真はフラッシュのチャージが追いつかずに後ろにおいてある1灯のみ光、斜め前は光らなかったパターン。これはこれでいいかも。
 さて撮影に夢中でご飯も食べていなかったため、鎌倉へ出てしらす丼。時間も遅かったためしまっている店が多かったが何とかまだ営業している店を見つけ入店。生シラスはもう売り切れていたため釜揚げシラス丼でした。
 湘南海岸で多くシラスが取れるため観光客あいてのB級グルメのようなものか。ここでシラス丼1,300円。店名は忘れた。うなぎをつまみにビール、ひなさんはラムネ。

 帰宅後、曝睡!ひなさんも同様のようでした。

コメントを残す